医院紹介

院長挨拶 医院の概要

院長挨拶

院長 山本 久文
(やまもと ひさふみ)

山本医院は昭和32年に開院して以来、半世紀がたちました。

患者さんの中には4代にわたって懇意にしていただいている方々もいらっしゃり、医療機関としてうれしい限りです。

地域の患者さんに満足していただくために心がけていることというと、結局は「患者さんのために」の一言につきます。

診療時間設定、スタッフの人員確保・教育、院内処方の実施など、「患者さんのために」を実践するためのこだわりを、医院の随所に反映させています。

これからさらなる半世紀に向けて、よりよい地域医療の実践をめざし、医師・スタッフ一同、皆様が健康で豊かな生活をおくるお手伝いをしていきたいと考えています。


略歴

表を左右にスワイプしてご確認ください。

昭和47年 麻布高校卒
昭和54年 杏林大学医学部卒
昭和54年~
58年
杏林大学医学部付属病院(第三内科)
内科学一般と消化器病、肝臓病、内分泌疾患の研修を行う
昭和58年~
平成4年
朝日生命成人病研究所付属病院
専門領域の消化器・肝臓病疾患に加え、高血圧、心臓病、糖尿病などの成人病の臨床経験を重ねる
平成4年~ 山本医院
現在に至る

保有資格

  • 医学博士
  • 日本内科学会認定医
  • 日本消化器内視鏡学会専門医
  • 日本消化器病学会専門医
  • 日本肝臓学会専門医

医院の概要

医院のあゆみ

表を左右にスワイプしてご確認ください。

昭和32年 故山本眞澄(先代院長)が山本外科医院として開院
平成4年 山本久文(現院長)入職に伴い、診療科目増設、設備拡張および改築を実施
「山本医院」に改称
平成19年 法人格を取得
「医療法人社団久悠眞会 山本医院」に改称
現在に至る

こだわり~「患者さんのために」

夕方19時まで診療しています

地域の患者さんの診療ニーズにこたえるため、平日午後の診療時間を16時~19時までと、やや遅めの時間帯に設定しています。お勤め帰りの方など、夕方18時以降の診療をご希望される患者さん方に喜んでいただいています。

当院はスタッフ(看護師、臨床検査技師、受付、医療事務など)の人数が10名と医院規模の割に多いのが特徴です。経営面からは決して有利とはいえませんが、患者さんへのサービス水準維持のため、そして患者さんの待ち時間短縮のため10名体制を堅持しています。

患者さんの声、とくに医師に対しては言いづらい悩みの声を、豊富なスタッフを通じてできるだけ多く汲み取ることを主眼としています。また、混雑時でも、看護師や受付などが事前に患者さんからお話をお伺いすることにより多くの情報を医師に的確に伝えることができます。

一般的に医療機関の診療時間を長くすることは、スタッフにとって負担となることが多いため、当院では交代で週休2日制とし、かつ勤務時間も交代制にするなどゆとりのある勤務形態をとっています。患者さんの満足度を上げるためには、まずスタッフが働きやすい環境を築くことが重要と考えています。

院内処方を行っています

患者さんにとってメリットが大きいため、当院では院内処方を行っています。

院内処方のメリット
  • 院外処方に比べ自己負担額が少なくてすみます。
  • 薬局に出向く時間を省くことができます。
  • 診療にかかわった医師(またはスタッフ)自らが説明を行うことで、患者さんに最適な説明ができます。

後発医薬品(ジェネリック医薬品)について

後発医薬品(ジェネリック医薬品)とは、先発医薬品(新薬)の特許が切れた後に販売される、先発医薬品と同じ有効成分、同じ効能・効果をもつ医薬品です。研究開発費用が抑えられることから、先発医薬品に比べ薬価が安く、患者さんの自己負担の軽減や医療保険財政の効率化につなげられることが期待されています。

当院では、先発医薬品と総合的に比較検討した上で、一部(とくに患者さんの負担価格の軽減幅の大きいもの)を後発医薬品にておだししています。


トップに
戻る