高血圧症

日本の高血圧患者数は約1000万人に上り、もはや国民病と言って差し支えない状態にあります。

正常血圧は120/80未満で、脳心血管病の発症率が最も低いとされます。正常高値血圧は120/80以上、高値血圧は130/80以上で、いずれも治療を必要としないまでも、血圧に注意が必要な状態と言えます。従来のガイドラインでは130/80以上140/90未満が「正常高値血圧」とされていましたが、様々な研究の結果、これらの層でも脳心血管病の発症率が高くなることが明らかになったため、基準が厳格化されています。

血圧が高い状態が続くと、脳卒中や心臓病を起こしやすくなるので、放置してはいけません。高血圧と診断された場合には、塩分制限などの食事改善や適度な運動を取り入れるといった生活習慣の見直しによって、血圧値を正常範囲に戻すようにします。喫煙やアルコールの大量摂取も高血圧の原因となるため、禁煙や節酒も必要になります。

また、40歳未満で高血圧と診断された場合には、何か別の疾患(心疾患や腎疾患、睡眠時無呼吸症候群など)が高血圧の原因となっていることもあるため、よく調べることが必要です。

高血圧の予防は、食事における塩分の摂取制限(1日6g未満)が基本になりますが、カリウムやカルシウムを摂取することも有効です。カリウムは塩分を体外に排出させる役割をし、カルシウムが不足すると、ある種のホルモンが出て血圧を上げる作用があるからです。

嗜好品に関しては、禁煙は当然のこととして、アルコールを控えめにするなどの努力が必要です。運動は、歩行などの有酸素運動を1日30分程度を目安に行うとよいでしょう。

高血圧症の初期では自覚症状がない場合が多く、上記の通りさまざまな合併症を引き起こす原因と言われています。
高血圧と診断されたら、まずは医師に相談し適切な対処が必要です。


トップに
戻る