糖尿病

糖尿病は、膵臓から分泌されるインスリンの作用不足により生じる代謝障害で、放っておくと失明や腎臓病、神経障害、あるいは心筋梗塞、脳卒中などの重大な合併症を起こす可能性があります。

インスリンは血糖を下げたり、体全体の代謝をスムーズに行うために必要なホルモンで、欠乏したりうまく作用しなかったりすると、体のエネルギー源であるブドウ糖が細胞に取り込まれなくなり、全身のエネルギーが不足してしまいます。そして進行すると様々な合併症を引き起こします。

糖尿病は、そのタイプによって「1型糖尿病」と「2型糖尿病」に分けられます。

1型糖尿病は、膵臓のβ細胞が破壊されることにより、インスリンが欠乏したり分泌されなかったりして起こるタイプの糖尿病です。

2型糖尿病は、膵臓のβ細胞が完全に壊れるわけではないものの、インスリン分泌能力の低下あるいはインスリン抵抗性(インスリンの効きが悪くなる状態)またその両方が起きて糖尿病となるものをいいます。

日本人の糖尿病の大半は2型糖尿病です。2型糖尿病には遺伝素因が関係しているともいわれますが、生活習慣(特に食事摂取過多、運動不足など)が大きな原因とされています。
そのため、治療に当たっては初めに食事療法、運動療法が行われます。これらの治療だけで血糖値のコントロールが困難な場合、薬物療法に移行します。

2型糖尿病の薬物療法では、まず飲み薬による治療が行われます。初めて糖尿病の飲み薬を服用する人には、血糖値が下がり過ぎる副作用を起こしにくい薬剤が処方されます。血糖値が下がり過ぎる「低血糖」という状態を招くと、冷や汗や動悸、手足の震え、けいれんなどが起こり、場合によっては意識を失うこともあり危険です。

糖尿病の患者数は600万人に上り、そのうち医療機関を受診して適切な治療を受けている人は200万人にすぎないとされています。また、糖尿病の可能性を否定できない「予備軍」が1200万~1500万人いるといわれます。

生活習慣の改善を含め、患者様ひとりひとりの病状にあった治療をすすめています。
是非ご相談ください。


トップに
戻る